ホーム > まちづくり > 地元の歴史と暮らし >

地元の人が語る歴史と暮らし

大泉編


 

講師には千野氏を迎え、昭和30年代頃の生活を中心に、明治初期の合併などのお話でした。


長坂駅はこうしてできた!


    開催日  6月27日(木)
    話し手: 輿石 一行氏(長坂町在住)

 

八ヶ岳台上の生活の便、商業の発展の為には日野春ではなく長坂に駅が 必ず必要だとの思いで、長坂上条地区の人16人が立ち上がった。しかし 日野春駅ができたあとなので、長坂駅は市民の力で作らなければならなか った。

国鉄から出された条件(土地の提供、駅の建設費1,000円の寄付)を クリアするだけでも大変なのに、長坂上条地区の人達は駅建設だけに 終わらず、町作りも計画に入れて進めた。なんと太っ腹な!。

合計5000円の建設費をクリアーするための寄付金集めの苦労は 大変なものであった。そして、遂に達成。 大正7年12月の開通した日はあいにくの雪。 予定していた500人規模の祝賀会は断念。そのため、駅の建設に奔走した16 人は祝賀会当日のイベントのキャンセル手続きに追われ、その一番列車に立ち会 えたのはたったの数名だった。その数日後改めて祝賀会が盛大に行われた。。。。。。

某テレビ局の『プロジェクトX』ばりのお話でした。