ホーム > 森つくり > 「森つくりの達人」講座 >

八ヶ岳「森つくりの達人」講座

[冬編] 〜竹林をきれいにして、竹とあそぼう〜


   日時: 2007年12月2日(日) AM 9:00〜PM 3:00
   場所: 北杜市白州町

初冬恒例の竹林整備は好天に恵まれ、甲斐駒ヶ岳を背景に下教来石のGさん宅で行なわれた。
以前は畑だった場所が竹林になっており、屋敷神が祭られている周りまで真竹が生え放題に
なっている。

整備前 ■ 竹が密生しているだけでなく、立ち枯れした竹、倒れた竹が沢山。
竹の伐採本数 ■ 参加者に桑田代表が竹についての説明と竹林整備の仕方を説明し、 竹を切るグループ、運ぶグループ、枝払いをするグループ、3班に別れ 作業を開始。
今回残す竹は3坪当たり8本程度。
切った竹を運ぶ ■ 竹の運び出し。寒い中だが汗が出る。
竹は地面に近い節のすぐ上を切る。雨水をためないため。
各班は交代しながら作業を進める。
屋敷神周りがきれいに ■ 屋敷神周り、左右のご神木周りの竹は皆伐されすっきり。
間伐したあいだから冬の日がこぼれる。
整備後 ■ 2時間ほどかかり綺麗に整備された屋敷神の前、 手作りの青竹カップに温かく、おいしい甘酒で乾杯。
青竹カップは節のすぐ上を切った方がカップの底になります。
カップの口は内側を薄く削ると飲みやすくなります。
竹箸作りの説明 ■ 午後は松井美香講師の指導で竹箸つくり。
背景が整備した竹林の入り口。
竹箸作り ■ 温かい日差しの中、それぞれに竹箸つくり。
余裕のある人は花入れ、小物入れ、徳利など、思いおもいの
ものを作る。

最後は切り出され枝払いをした竹を、作るものに合わせ太さを選び、
長さを切り、各自、車に積み込んで解散。
皆様お疲れさまでした。
また来年もこの竹林を整備できると良いですね。

(H.H)