ホーム > 森つくり > 幼木の育苗 >

八ヶ岳自生種を育てよう

木の赤ちゃんの冬支度 (2010年12月12日)


運良く、風のない快晴のお天気に恵まれ、作業をすることができました。
事前に段取りを付けていたので、冬支度は順調に進みました。
ポットの上に、たっぷりの落ち葉を置き、 棚からおろして、土の上に直接ポット苗を移動。
そして、その上に、風よけに不織布をして、周りを藁で囲みました。

私たち一同、木々達が春を無事迎え、新芽を出すことを期待しています。

育苗場
藁束作りでは、昔を思い出したひと、初めて体験の人と、ワイワイガヤガヤと楽しいひとときでした。
トロ箱
落ち葉の毛布に掛け布団。
これで、"八ヶ岳颪(おろし)"もなんのその。

(A.K)