ホーム > 森つくり > 幼木の育苗 >

八ヶ岳自生種を育てよう

 育苗のポット上げ、育苗場の整備 (2011年4月〜5月)


2011年は、昨年の試行期間を経験にして、幼木の育苗をがんばります。

穏やかな5月の春の日射しの中の、育苗場の取り付け作業となりました。
周囲の田んぼで、田んぼに水をいれて、土をならす代かきが行われていました。
八ヶ岳の農作業は、今年は寒いので、少し遅れています。

育苗のポット上げ
(4月) 冬の間落ち葉で覆っていたポット苗を、棚の上に上げました。 太陽を受けて、これから新芽が出て来ること期待。
屋根取り付け
昨年やったのに、ほとんど忘れてしまってましたが、 昨年よりは、手際よく進んでいます。
屋根取り付け
今年は、南側の強い陽差しを避けるため、
遮光ネットを取り付けました。 入り口も同じく遮光ネットを2重にしました。
屋根取り付け
2日前に、しっかり2日間雨が降ったのに、苗のポットは完全に乾燥状態。 この屋根取り付けで、苗もほっとしたかもしれません。 完成した育苗場で、水遣りをして、作業はおわりました。

(A.K)