ホーム > まちづくり > 景観ウォーク >

景観ウォーク

大泉村谷戸の家並み

   日時: 2003年10月5日(日)
====================================================
 【コース】
    大泉村谷戸の古い家並み〜八雲神社〜八ヶ岳の林間を散策〜
    富士山から甲斐駒ケ岳まで一望できる田園地帯〜下井出地区〜集合場所へ戻る
====================================================
気持ちよく晴れわたった秋の空、まさしくウォーキング日和。 まずは準備体操。その後 今日一日の行程の説明を受け、元気よく出発しました。
黄金色の稲穂と真っ白な蕎麦畑を左右に眺めながら谷戸の集落の辻辻をゆったり散策。
軒先にバケツが4つ・5つぶら下っていたり、道端に澄んだ小川や清水が見られたり、所々に石の祠がひっそりと佇んでいたり、・・・遠い昔出会ったような懐かしい風景がそこかしこに見られました。
大事にしたい風景です。
「嗚呼地水還身」と刻まれた大きな石碑の前では、「このあたりは、100年余り前、鉄砲水が出て多くの家々が流失・損壊し、57名もの人々が亡くなられたこと」 「この石碑は、その方々の供養のために建てられたこと」
「その後、時を同じくして建てられた家々が、そこここに残っている、白壁に歳月が染み込んだ木の紋様が美しい民家であること」
など杉田氏より説明をうけ、その歴史に想いを馳せるみんなでした。
八雲神社の”謎”をきき、苔むした石段を上り一休み、それに続くふかふかの山道を下り、車道を少しばかり歩くと 360°の眺望、八ヶ岳、秩父連峰、富士山、南アルプスの峰峰が姿を現し、まさに絶景。
八ヶ岳南麓の素晴らしさを満喫です。
いよいよ、お楽しみのお弁当タイム。飛沢の池のほとりであたたかな木漏れ日の中、にぎやかにお弁当談義しながら休憩です。
そして田園ウォークに出発。
八ヶ岳南麓ならではの南に緩やかに下る棚田。その向こうに富士山、南アルプスの山並み。後ろを振り返ると八ヶ岳。収穫期を迎えた田んぼは、まるで、黄金色の稲穂と白いそばの花が織りなす絨毯のようです。それに大きな青い空。八ヶ岳南麓の豪快な景観に感激しっぱなしです。 心地よい風を頬に感じながら、大きな空に広がる雲を見上げて、「なんという雲かなぁ?」「秋の高層雲ですよ」と足取りも軽い。
そして田園のクライマックス「わぁ〜、電線がない!」「青いビニールシートもない」「カラフルな建造物もない!」みんな興奮気味です。見上げる棚田には天日干しの稲架が並び、その向こうにくっきりと八ヶ岳の雄姿がありました。
晴天と美しい田園に山並み、さわやかな風、それに古民家の歴史の香りありで、心は浮き浮き、大満足の景観ウォークでした。
★参加者の感想★
 ・さまざまな景観(家並み、林、田園)がある大泉のベストコース
 ・晴天、風、稲穂、そばの花が美しく、最高の行程。
 ・いろいろ説明、案内していただいた会の方に御礼申し上げます。
 ・歴史的テーマと自然の中のウォークがミックスされていて時間の経つのを忘れた。
 ・今回も美しい自然の中に、心無い人の落し物が!少しがっかり。
  

(M.N, A.K)